安納芋はなぜ甘いのか

安納芋はなぜ甘いのかの画像1 安納芋はなぜ甘いのかの画像2

そもそもサツマイモの甘さの理由はどこにあるのか、サツマイモの成分の中には糖類が、詳しくいえばショ糖、ブドウ糖、果糖が含まれています。 ショ糖はいわゆる砂糖の物質名であり、グラニュー糖や上白糖と同じ成分と考えてもよく、果糖は主に果物に、ブドウ糖はごはんなどに含まれています。 こういった甘みを感じさせる成分が大量に入っていることから、サツマイモの甘い美味しさにつながっているのです。 また加熱することによってサツマイモのデンプンが変化して麦芽糖になって、さらに甘く感じられるのです。 生芋には糖類が含まれていますが、麦芽糖は存在していません。これは過熱することによってデンプンが変化して生まれるからで、 さらに特徴としてはじっくりと時間をかけて低めの温度で加熱することによって甘みが引き立っていきます。 安納芋は一般的なサツマイモに比べてデンプンの量が多くて、生産地である種子島の温暖な気候が作用して、他のサツマイモよりも長い期間 畑で栽培することによって、多くのデンプンを含むようになるのです。

焼き芋屋さんの歴史

焼き芋屋さんの歴史の画像1 焼き芋屋さんの歴史の画像2

1719年には京都郊外にて焼き芋を売ってお金を稼いだと記録が残されています。この頃が焼き芋屋の元祖のようです。 1789年に大阪でサツマイモ料理集が出されています。その中でも塩焼き芋や塩蒸焼き芋が大阪の市民に人気でした。同年に江戸に蒸し芋屋が登場しています。 焼き芋ではなく蒸し芋だったせいか、騒がれるほど人気はありませんでした。ところが、1793年に焼き芋屋が登場すると瞬く間に人気を呼び、江戸のあちこちに焼き芋屋が登場しました。 江戸に住む人々の心をつかみ、冬のおやつは焼き芋が定着したようです。 江戸で焼き芋が大人気となった理由は、甘くて美味しいだけではなく値段が安かったのも理由です。江戸時代は最も安い食べ物が焼き芋でした。 江戸時代が終わり明治の世になる頃には、芋を焼く大きなかまどをいくつも用意して大量の焼き芋を作る大型の店が多く出店しました。

安納芋の収穫時期(旬)はいつごろなのか

安納芋の収穫時期から熟成の画像

安納芋の出荷が始まるのは11月からとなります。早くて10月下旬です。 安納芋の旬の時期は11月から2月くらいまでとなります。 安納芋は収穫してから3週間から4週間ねかせて熟成させてからの出荷となるため 収穫は9月中旬から行います。植え付けは、5月から6月に行います。 早掘りといって早めに収穫し9月ころから出荷するところもありますが やはり本来の安納芋の甘みがありません。 熟成させた11月から2月くらいの安納芋が旬となり一番美味しいお芋になります。

お役立ち情報の芋ダイエットは効果があるのか

芋ダイエットは効果があるのか

ねっとりとした濃厚な甘さが人気の安納芋。 ただ、少し気になるのはダイエットのことではないでしょうか。 「サツマイモは太る」と言う人もいれば「食物繊維が豊富だから美容に良い」と言う人も。実際のところはどうなのか ...

つづきを読む

紫芋の健康効果について

紫芋の健康効果について

皮だけでなく、中身まで鮮やかな紫色が特徴の紫芋。ビタミンやカリウム、食物繊維、カルシウムにカロチンといった従来のサツマイモが持つ栄養素に加えて、 ポリフェノールの一種である「アントシアニン」をたくさん含んでおり ...

つづきを読む

安納芋はスイーツにも最適

安納芋はスイーツにも最適

今や焼き芋の中では王様のような存在の安納芋。 安納芋は他のサツマイモに比べてショ糖の量が多いのが特徴でどんな調理法でも美味しくいただくことができます ...

つづきを読む

種子島紫芋にはアントシアニンが豊富

種子島紫芋にはアントシアニンが豊富

種子島紫芋とは、安納芋などと一緒に昔から種子島で作られてきたサツマイモの在来種です。 昔は貿易上の理由から本土へ出荷できませんでしたが、2000年に解禁となるとそのおいしさから人気となり ...

つづきを読む

糖度が高いと本当に甘いのか

糖度が高いと本当に甘いのか

「このサツマイモは糖度が高いので、とても甘いです」といった、何気ないアピールを聞いたことはありませんか? 確かに「糖度が高い」と言われると非常に甘くておいしそうだと思えますが、それは事実なのでしょうか ...

つづきを読む

安納芋の収穫時期(旬)はいつごろなのか

安納芋の収穫時期(旬)はいつごろなのか

種子島の特産物であるサツマイモ、安納芋を知っていますか。 安納芋は一般的なサツマイモに比べ糖度が高く、甘党にぴったりです。そんな安納芋、いったいいつが収穫に最適なのでしょうか ...

つづきを読む

ページの先頭へ