安納芋の焼酎があります

安納芋は、種子島で栽培される特徴のあるサツマイモで、あらゆるサツマイモの中で最も甘い品種とされ、焼き芋にすると美味しいとの評判で有名になりました。 しかし、安納芋は焼酎の原料にも利用され、地元の種子島で絶品の焼酎が造られています。

いつごろから造られるようになったのか

安納芋プリンの画像

サツマイモが種子島に伝わったのは、元禄11年(1698年)のことで、琉球王から種子島島主に贈られ、その芋を種子島に植えたのが最初とされます。 この伝来から2年から3年で島中に広がり、この芋を原料に酢を作り、醤油を作り、糖を作り、焼酎を作り、飴を作り、芋羊羹を作り、澱粉を作ったと当時の記録にあります。 この記録によって、種子島では日本で最も早い時期に芋焼酎を作っていたことがわかります。 しかしこの時伝わった芋は、実は安納芋ではありません。安納芋の伝来はこれよりもずっと遅く、第二次大戦後、日本兵がスマトラ島北部のセルダンという所から現地の美味いサツマイモを持ち帰ったことによります。 焼酎にセルダン伝来のサツマイモ(安納芋)が使われるようになったのは、それ以降のことです。 焼酎の製造において糖分は不可欠で、この糖分を餌に酵母を増殖させ、糖分をアルコールに変換させるのです。 糖度の高い安納芋は、酵母の増殖を活発にし、焼酎を効率的に生産できるわけです。糖分が少ないと酵母が充分に増殖せず、その代わり腐敗菌などの雑菌が増殖したりして、良質な焼酎になりません。 酵母だけを集中的に増殖させるには、一定以上の糖分が必要です。また、安納芋にはミネラル分が豊富なことも、良い焼酎になることに関係していると思われます。 安納芋は、これらの点で最高の原料でした。

どんな種類があるのか

安納芋ケーキの画像

種子島にある焼酎メーカーとしては、島の南端にある南種子町の上妻酒造(こうづましゅぞう)、島の北部にある西之表市西町の高崎酒造、島の北部にある西之表市西之表の種子島酒造、 島の中央部にある中種子町の四元酒造(よつもとしゅぞう)の、全部で4箇所になります。 上妻酒造の代表銘柄は「南泉(なんせん)」、高崎酒造の代表銘柄は「しま甘露」、種子島酒造の代表銘柄は「安納」、四元酒造の代表銘柄は「島乃泉(しまのいずみ)」です。 いずれも大規模メーカーではありませんが、特産の安納芋を使った芋焼酎を生産しています。特に種子島酒造では自社農園を持ち、芋作りから手掛ける酒造所です。 種子島酒造の焼酎は、他と比べて銘柄数も多く、最も積極的に焼酎造りに取り組んでいるように見えます。種子島の焼酎は、大きな瓶壺(かめつぼ)に仕込んで発酵させる習わしで、今も伝承の製法が生かされています。 あえて瓶壺を用いるのには理由があり、瓶壺には小さな気孔があり、ここに蔵付き酵母が住み着いて、マイルドな味わいの焼酎になるとされます。 また焼酎の味は、水の質も大いに関係すると言います。それは、蒸留した直後の原酒は40度前後に達するアルコール度数のため、水を加えて25度程度にまで落とすからです。 種子島は、隣に屋久島があることからも分かるように、良質の水に恵まれていて、ここで造られる焼酎も絶品になるわけです。

おすすめ

安納芋スイートポテトの画像

種子島には4箇所の焼酎メーカーがありますので、この全部の代表銘柄をできれば飲み比べてみたいものです。 ですが、ここでは、最も積極的な焼酎造りをしている種子島酒造の銘柄から、興味深いものを選んでみることにします。 種子島酒造の製品で、「炭火焼 安納芋」と銘打った原酒の焼酎があります。これは、水を加えていない蒸留したままの原酒で、アルコール度数は37度になります。 自社農園で納得がいくように作った安納芋を、手間の掛かる炭火焼きにして糖度を上げ、最高の原料で注意深く丁寧に造った高級品で、値段も少々高いのですが、それだけに期待感も高まります。 おすすめの飲み方として、お湯割り・水割り・ロックが挙げられています。ストレートは、特に推奨されていません。度数の高い原酒ゆえでしょうか。 同じく同社の製品で、「黒麹造り 安納」と銘打つ製品もあります。これも高級品です。 自社栽培の安納芋を原料に、黒麹菌を使用して芋の澱粉を糖分に変え、一次発酵も二次発酵も甕壺で仕込んだ逸品で、ブランデーのような濃厚な味わいが特徴とされます。 アルコール度数は25度で、ロックで飲むのがおすすめです。

気になるお芋

気になるお芋の安納紅芋ちびコロの画像

安納紅芋 ちびコロ 5kg 人気商品
通常価格(税込): 1,500 円
感謝価格(税込): 1,050 円

熟成済み
1個 50g未満 | 1箱 5Kg | 1箱に120個前後

気になるお芋の安納紅芋コロコロの画像

安納紅芋 コロコロ 5kg 人気商品
通常価格(税込): 2,000 円
感謝価格(税込): 1,200 円

熟成済み
1個 50g~80g | 1箱 5Kg | 1箱に80個前後

気になるお芋の安納紅芋Sサイズの画像

安納紅芋 Sサイズ 5kg 人気商品
通常価格(税込): 2,800 円
感謝価格(税込): 1,900 円

熟成済み
1個 80g~150g | 1箱 5Kg | 1箱に45個前後

ページの先頭へ