安納芋をお取り寄せ!通販のポイント

安納芋を食べたいと考えたら入手方法としては通販でお取り寄せするのが簡単です。全国各地のどこに住んでいても入手することができますが、通販で安納芋を注文するときにはどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。

安納芋ってそもそもどこの名産品?

安納芋ってそもそもどこの名産品?の画像

安納芋をお取り寄せするときに知っておきたいのが安納芋の起源です。さつまいもの銘柄の一つとして種子島で古くから生産が行われてきたものの一つであり、平成10年に安納紅と安納こがねの二つの品種が登録されました。 主に国内で流通している安納芋はこの二つの品種です。300年以上も前から種子島の名産品として生産されてきたのは安納紅であり、その突然変異種として生まれてきたのが安納こがねとされています。 見た目での違いは皮の色で、一般的なさつまいもと同じ紅色の皮を持っているのが安納紅、じゃがいものような色をしているのが安納こがねです。中身はどちらも黄金色でねっとりとした食感があり、甘味が強い点で類似しています。 最近ではこの他にも安納紅葉、安納みつき、フルーツこがねなどの様々な品種が流通するようになってきました。また、種子島以外の地域でも生産が進められるようになり、千葉県などの各地で生産されたものが通販でも手に入れることができます。 人気の高まりの影響を受けて流通量が増えてきたことにより、もともとどこの名産品だったかが忘れられがちですが、鹿児島県の種子島から全国に広まったのが安納芋です。

サイズや量に注目して選ぼう

サイズや量に注目して選ぼうの画像

通販で購入するときには自分で安納芋を手に取って見てみることはできません。しかし、購入するときに販売者側が等級分けを行ってくれているため、サイズを選んで購入することもできます。 小さめの100gから299g程度のものは価格が安く、500g以上になる大きめのものは高いのが一般的です。大きくて丸いものの方が糖度が高いことが多いため、安納芋の魅力である甘味の強さに着目するのであれば大きなサイズのものを購入するのが適しています。 一方、等級外になってしまったものを集めてアウトレット品として不揃いの安納芋を安く買うことも可能です。また、通販では量がやや多めになりやすいので注意が必要になります。 特産品の販売などを行っている小売の通販サイトの場合には一個から販売していることもありますが、農家からの直送や大型ショッピングサイトの場合には1kg程度が最少量となっていて、10kg程度までは個人向けでも販売されています。 安納芋は常温でも新聞紙に包んで冷暗所に置いておけば長期保存することができますが、大量に買いすぎて困ってしまわないようにする心がけも大切です。

通販でお取り寄せする際の注意点

通販でお取り寄せする際の注意点の画像

通販でお取り寄せすると現物を見られないことには気をつけなければなりません。スーパーで購入するときには傷んでいるかどうかを確認することができ、状態を見て新しいか古いかも判断することができます。 通販の場合にはその取捨選択を販売会社や農家の方に任せなければなりません。信頼性があるかどうかを口コミ評価を参考にしたり、販売する上でのポリシーについての記載を読んだりして判断し、安心して取引できるサイトから購入を行うのが大切です。 また、通販でお取り寄せする際には送料がかかります。送料無料となっている場合には実質的には価格の中に送料が含まれていると考えなければなりません。 安納芋は重いので重量の関係で送料が高くなってしまうこともありますが、基本的にはたくさんまとめて買った方が安上がりになります。たくさん食べるという場合には何度にも小分けして注文するよりも、このシーズンに食べられそうな量をまとめ買いした方がお得です。 送料が実費のところよりも一律料金になっていた方が重量の関係で送料が安くなることが多いのも知っておくと役に立ちます。

気になるお芋

気になるお芋の安納紅芋ちびコロの画像

安納紅芋 ちびコロ 5kg 人気商品
通常価格(税込): 1,700 円
予約価格(税込): 1,500 円

熟成済み
1個 50g未満 | 1箱 5Kg | 1箱に120個前後

気になるお芋の安納紅芋コロコロの画像

安納紅芋 コロコロ 5kg 人気商品
通常価格(税込): 1,900 円
予約価格(税込): 1,700 円

熟成済み
1個 50g~80g | 1箱 5Kg | 1箱に80個前後

気になるお芋の安納こがねコロコロの画像

安納こがね コロコロ 5kg 人気商品
通常価格(税込): 2,000 円
予約価格(税込): 1,800 円

熟成済み
1個 30g~80g | 1箱 5Kg | 1箱に80個前後

ページの先頭へ