安納芋が近隣スーパーに売っていない人に朗報!

しっとりした蜜をふんだんに含む安納芋が今、注目を集めていますが近隣スーパーに売っていない人はどこで安納芋を購入すれば良いのでしょうか。購入方法や美味しい安納芋を選ぶポイントをご紹介していきます。

安納芋の生産地

安納芋の生産地についての画像

少し前までは種子島でしか栽培すること認められていなかった安納芋ですが、近年はどの地域でも栽培することが可能になりました。 安納芋は濃厚で、しっとりとしたクリームのような食感を楽しむことができます。 9月から12月に掛けて収穫されるサツマイモですが、採れてから2、3週間後が食べ頃です。安納芋の主な品種として知られているのが、安納紅、安納こがねの二種類になります。 一般的なサツマイモは皮が赤いものが多いのですが、安納こがねに限っては白っぽい皮が特徴的です。 また、焼き芋にした安納芋を切ると表面がオレンジ色に輝いています。暑さ、寒さに耐え抜き、厳しい気候を乗り越えたサツマイモだから濃厚な蜜を作り出しているのです。 平成25年以降、どんな地域でも安納芋を栽培することができるようになってから、幅広く、このサツマイモを作る生産者が増えてきました。 ですが、気候や、栽培する時に使う水、土などに左右されやすい、デリケートな安納芋は種子島に勝るものはないと言われています。焼き芋にすると糖度は40度を超えるものもあり、その甘さに虜になる人が続出しています。

安納芋の高い栄養化

運動とサツマイモで便秘解消の画像

食物繊維が豊富で、ビタミンを多く含むサツマイモはたくさんの女性の味方になってくれる野菜のひとつです。 特に甘さ、濃厚さ、ねっとりした深い味わいの安納芋は様々な地域で栽培されていますが、どこのスーパーでも取り扱っているとは限りません。 安納芋を生産する地域ではスーパーや無人販売所で見かける頻度も高いのですが、都内や安納芋を作っていない地域の方はどこで安納芋を購入したら良いのでしょうか。 「甘くて濃厚」「鮮度抜群」と謳う、インターネットの通販で安納芋を購入する人も増えています。通販で安納芋を購入する際、注意しなければいけないポイントはまず、大きければ良いということはありません。 大きくなく、小さくもない、中くらいのサツマイモを選ぶようにしましょう。細長いサツマイモより丸みを帯びているサツマイモの方が甘みがあり、蜜をふんだんに含んでいます。 ずっしりと重みのあるものだとなお良いでしょう。皮の色が均等で、艶があるサツマイモも優良品の証です。糖度が高いものは切り口にあめ色の蜜が染み出ています。黒い蜜の跡があるものを選ぶようにすると失敗することはありません。

安納芋の選び方

美味しい安納芋の画像

スーパー、インターネットで安納芋を購入する際、失敗しない基本的なことをおさらいしていきましょう。まずは、生産地を明記しているということです。 安納芋を作っている環境はどんなところで、どんな想いを込めて栽培しているのか情報を公開することによって購入者も安心して買うことができます。 また、収穫時期に販売されているかどうかの見極めも大切です。収穫時期を外れたサツマイモは鮮度、糖度どちらに関しても、新鮮なサツマイモより劣ってしまいます。 安納芋をスーパーで買う時には、表面をよく見てください。表面の皮に凹凸がないか、傷はないかをチェックします。品種によって色、形にバラつきがありますが長いものよりも、ふっくらした見た目のサツマイモを選ぶようにしましょう。 サツマイモのひげが固いものや、表面の皮が黒く変色しているものは古いもので糖度も損なわれてしまいます。 サツマイモに限らず、旬のものは旬の時期に食べるのが一番美味しいのです。 濃厚さ、甘さ、食感、どれを取ってもサツマイモに革命を起こした安納芋を購入する時、いくつかのポイントさえ押さえていれば失敗することなく、多くの食卓に華を咲かせること間違いなしです。

気になるお芋

気になるお芋の安納紅芋ちびコロの画像

安納紅芋 ちびコロ 5kg 人気商品
販売価格(税込): 1,700 円

熟成済み
1個 50g未満 | 1箱 5Kg | 1箱に120個前後

気になるお芋の安納紅芋コロコロの画像

安納紅芋 コロコロ 5kg 人気商品
販売価格(税込): 1,900 円

熟成済み
1個 50g~80g | 1箱 5Kg | 1箱に80個前後

気になるお芋の安納紅芋Sサイズの画像

安納紅芋 Sサイズ 5kg 人気商品
販売価格(税込): 2,700 円

熟成済み
1個 80g~150g | 1箱 5Kg | 1箱に45個前後

ページの先頭へ